藤本理稀を発見した成人男性は誰?捜索ボランティアの尾畠春夫とは

尾畠春夫

こんにちは!

ライターのみんたんです!

 

8月15日朝、山口県の周防大島町で

8月12日から行方不明だった2歳男児

の藤本理稀ちゃんが、帰省先の曽祖父

宅付近で発見されました。

 

発見時に一緒にいた成人男性は、

8月14日から現地に来ていた捜索ボランティアだといます。

 

その成人男性の捜索ボランティアは誰なのでしょうか??

 

調べてみました!

 

合わせて読みたい↓↓↓

「藤本理稀ちゃんが無事発見された山口県周防大島で場所はどこ?」

スポンサーリンク

 

藤本理稀を発見したボランティアの成人男性は誰?

尾畠春夫

出典:https://matomame.jp/

藤本理稀ちゃんは8月13日が2歳の

誕生日で12日から母親、兄弟3人と

一緒に周防大島町内の曽祖父宅に帰省していたそうです。

理稀ちゃんは8月12日午前10時

半ごろ、祖父(66)と兄(3)

と海水浴に行こうと、歩いて約400

メートル離れた海岸に向かったが、

家を出て100メートルほどの

ところで1人で引き返したそうです。

祖父は家から20メートルほどの

ところまで歩く理稀ちゃんを確認

したが、その5分ほど後に家を出た

母親と他の子ども2人は理稀ちゃん

と会わなかったといいます。

 

理稀ちゃんは白地に袖が赤色の

長袖シャツ、星柄の入った緑色の

海水パンツを着て、水色のサンダルを履いていたそうです。

そして、8月15日午前7時ごろ、山口県の島で

行方不明になっていた藤本理稀ちゃん

2歳が無事発見されました。

発見された場所は曽祖父の自宅から

北東側山中だそうです。

 

そして藤本理稀ちゃんを発見したのが

捜索ボランティアの男性で

 

尾畠春夫さん

 

という方で、報道ではこの男性が入山

30分で発見したというから凄いです。

 

尾畠春夫さんの画像がコチラ↓

 

 

この入山直後に藤本理稀ちゃんを発見し、

尾畠さんと下山してきたところで捜索中の

警察と会ったそうで

「警察は今まで何をやってたんだ」

と話題になっています。

スポンサーリンク

 

大分の捜索ボランティア尾畠春夫さんとは?

現在、大分の捜索ボランティア尾畠春夫

さんの情報を集めています!

 

現在78歳で被災地でボランティアを

重ね、東日本大震災では南三陸町で

500日間も入った災害ボランティア

のベテランだそうです。

 

熊本の震災後にも尾畠春夫さん現地で

ボランティアをしているということもわかりました。

 

尾畠春夫さんはボランティアに対して、

「単なる作業で終わるのではなく、相手の気持ちを慮ってこそボランティア」

 

また、ボランティアで初対面のメンバーに

対して厳しく接しているようでこんな

コメントも↓↓↓

「彼らが次の現場に行ったときに、同じミスはしないだろう。自分は嫌われてもいい、これまでの体験を伝えることでボランティアが育ってくれれば」

 

後継者も育てている凄い方なんですね。

 

尾畠春夫さんへの称賛ツイートがこちら↓

 

 

藤本理稀ちゃんが見つかり本当に良かったです!

 

合わせて読みたい↓↓↓

「藤本理稀ちゃんが無事発見された山口県周防大島で場所はどこ?」

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

mizkeita

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!