なぜ新入社員は半年で会社を辞めたい?理由と相談対応考えてみた!

こんにちは。ライターのみんたんです。

この文を読んでいるのは新入社員の方だろうか。

それとも、新入社員に辞表を突きつけられた、もしくは

辞めたいと相談を受けた上司の方だろうか。

双方がこのブログを見て、プラスになる思考が備わると

思うので、是非最後まで読んで下さい。

スポンサーリンク

そもそもなぜ新入社員は半年で会社を辞めたい?

それは単純な話だ。

 

新入社員なら誰しもが思う

「会社に入ったらこんなことをしたい!」

「会社に入ったらやりがいのある仕事をさせてもらえる!」

新入社員が待っていたのはこれと真逆でした。

そうでしょ??

毎日毎日、雑用ばかりさせられ、上司の金魚のフンでついてまわり、

本格的な業務をさせてもらえない。

また、マニュアルにない業務をさせられて、ミスをしたら

「考えたらわかるだろ!」とか

「常識の範囲で考えろ!」

といった事を言われただろう。

もう、新入社員はそんなこと言われたら

プッツンくる子もいる。

なんせ、来る日も来る日も雑用をさせられた挙句、

意味の分からない説教・・・

ですが、何よりも私が新入社員に一番言いたいことがある。

それは最終学歴が高い程、プライドの高い新入社員が多いことだ。

特に大学卒業の高いプライドをもった

そう、このブログを読んでいるあなたかもしれない。

自意識過剰な新入社員のあなたはこんなことを日々思っていないだろうか?

「大学まで出てこんな雑用をしなければいけないんだ!」とか

「大学卒業なのになんで自分より学歴の低い上司の言うことを

きかなければいけないんだ!」等々

と、例えを出せばきりがない。

スポンサーリンク

相談と対応考えてみた!

そんな自意識過剰な新入社員のあなたに聞きたい。

中卒だろうが高卒だろうが大卒だろうがみんな最初は

「社会人一年生」なのだ。

大卒だからといって、日本の社会は特別扱いはないんです。

わかりやすくゲームの、RPG(ロールプレイングゲーム)

で例え話をしよう。

学歴はざっくりわけると中卒、高卒、大卒の3つだ。

それぞれの最終学歴は、社会人スタート時にキャラクター

の選択数が増えることを言いたい。

それが以下の例だ

・中卒のキャラクター

➡狩人、踊り子、盗賊、踊り子

・高卒なら中卒キャラクタープラス

➡➡僧侶、賢者、旅芸人、魔法使い

・大卒なら高卒プラス

➡➡➡格闘家、魔法剣士、召喚士、戦士、賢者

こんな感じで、RPGをスタートする時に最終学歴が高ければ

高いほど、初期キャラクターの選択数が増える。

つまり、学歴が高ければ高いほど沢山の職種(企業)から会社を

選ぶことが出来るということを言いたい。

最終学歴の違いはたったそれだけ。

要は会社員のスタートラインは皆同じなのです。

最初は誰でもスライムを倒さなければいけないのだ。

しかし、残念なことに自意識過剰な新入社員のあなたは

勝てもしない強者を倒せると最初の村でいきがっている戦士の様なものなのです。

要は、レベル1の戦士が「自分はなんでも出来る」と言っても

「何もできない」のが現状です。

なので、あなたがこのブログに到達したのも、プライドの高い

誇り高き人なのでしょう。

まとめ

社会人一年生は一年生です。会社員になって学問以外で

学ぶことも多いのが世の中です。

そこから逃げ出して、次もまた会社員である以上、逃げても

同じことの繰り返しの人生が待っているでしょう。

相談を受けた上司も今回の様な例え話をして、ゲーム世代の

新入社員に話をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

みんたん

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!