タイで取り残された少年の洞窟の場所は国立公園のどこ?

こんにちは!

ライターのみんたんです!

 

タイ北部の洞窟で行方不明になっていた

少年ら13人が、9日ぶりに発見されました。

 

そんな少年らが取り残された洞窟はタイの

国立公園だそうですが場所はどこなのでしょうか??

 

調べてみました!

スポンサーリンク

タイで取り残された少年の洞窟の場所は国立公園のどこ?

タイの洞窟で行方不明に

タイ北部チェンライの洞窟で、6月23日から

行方不明になっていた、地元サッカー

チームの少年12人とコーチ1人が7月2日、

9日ぶりに発見されました。

 

少年らの詳細は11~16歳の少年と25歳の男性コーチだそうです。

 

発見された動画がこちら↓

 

少年らは、避難しているとみられていた高台から、

400メートルほど奥に入った場所で見つかったそうです。

 

ですが、洞窟内は、現在も水位が高い場所

で、明日から始まる雨季に伴い、現地では

水抜き作業が行われています。

 

この雨季は日本では考えられないくらい

の雨量で、洞窟に残された少年達は

この雨季の影響で水位が上がり、

命の危険があると報道されています。

 

現在、ダイバーチームを派遣し、

少年たちに栄養価の高いゼリー状の

食べものを食べているそうです。

 

辛いですね。

 

少年らの救助は現在、最悪の場合

酸素ボンベを用いた救助方法も検討

されているそうですが、洞窟内の水は

濁っており、プロのダイバーでも

片道3時間かかると言われており、

素人のダイビングは危険とされ、

これはあくまで最終手段とされているようです。

スポンサーリンク

 

タイの洞窟の場所はどこ??

この少年ら13人が閉じ込められて

いる洞窟はどこなのでしょうか??

 

場所はタイ北部のミャンマーとの

国境近くにある

タイ北部チェンライ県の

パホムポック国立公園内部にある

「タムルアン洞窟」です。

 

その場所がこちら↓

 

空港からは車で1時間半ほどで、

街の中心部からは30分ほど離れた

場所とありますので、チェンラーイ国際空港

が一番最寄りの空港ではないでしょうか。

 

少年らを心配する声も

 

色々な意見がありますが、穴を掘るには

4ヶ月かかり、ダイビングでも3時間

かかることを考えるとどれも、最良の

救助方法とは言えませんね。

 

これらか世界各国の技術が集結し、

救助されるのでしょうか。

 

これからの動向に注目です!

 

もちろん子供達の命は最優先で!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

mizkeita

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!