ドンファンこと野崎幸助の自宅はどこ?和歌山県田辺市の事務所の同町

野崎幸助

こんにちは!

ライターのみんたんです!

 

和歌山県のドン・ファンこと

野崎幸助さんが謎の死で現在、警察が

身の回りの物や、人物を捜査していますね。

 

そんなドンファンこと野崎幸助の自宅はどこにあるのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

ドンファンこと野崎幸助の自宅はどこ?和歌山県田辺市の事務所の同町

野崎幸助プロフィール

野崎幸助

出典:https://twitter.com/search?f=images&vertical=default&q=%E9%87%8E%E5%B4%8E%E5%B9%B8%E5%8A%A9&src=typd&lang=ja

  • 本名 野崎幸助(のざき こうすけ)
  • 出身地 和歌山県田辺市
  • 生年月日 1941年(昭和16年)
  • 年齢 享年77歳
  • 職業 実業家・資産家

 

野崎幸助さんが自宅で謎の死

産家として知られ、女性との交際遍歴を

つづった本「紀州のドン・ファン」を

出版した和歌山県田辺市の会社社長、

野崎幸助さんが5月24日、自宅で急死しました。

 

遺体からは覚◯剤成分が検出され、

県警が事故、事件の両面で捜査しています。

 

そして、不思議なことは野崎幸助さん

が飼っていた愛犬も同月に急死していました。

 

野崎幸助さんと飼い犬の急死を受けて

現在、妻である55歳年下で22歳の妻

と、家政婦が事件に関与しているのでは

ないかと、調査をされているようです。

 

 

この妻は今年、野崎幸助さんと結婚して

おり、結婚条件は

「月100万のお小遣いをあげる」

とのことで、22歳の妻は野崎幸助さんと

結婚決めたそうです。

 

1年で1200万円貰えるなんて羨ましすぎますね!

 

そんな、妻は葬儀最中にもスマホをずっと

いじっていたり、葬儀もろくにしない

そうで、益々関係者から怪しまれています。

 

覚◯剤を飲食物に混入させたのは誰なのでしょうか??

 

段々名探偵コ◯ンや金◯一少年の事件簿

みたいなミステリアスな事件となってきました。

 

また、最新情報では自宅にあった2000本の

ビールの空き瓶を調査しているそうです。

 

そもそも自宅に2000本も空瓶を

おいた家政婦も如何なものかと思います。

 

食事を作っていた家政婦も怪しいですね。

 

スポンサーリンク

 

野崎幸助さんの自宅はどこ?

野崎幸助さんの会社「アプリコ」

は生まれ故郷である和歌山県田辺市

で同市の朝日ヶ丘17-5ローヤルピロボビル

1階にあります。

 

また、ネットでは野崎幸助さんの自宅は

事務所の近くということで、報道の

あった自宅付近の画像を頼りに

探してみると、ありました!

 

事務所から徒歩で行ける同町に

豪邸がありました。

 

まず、報道の画像がこちら↓

 

まず二枚目の画像で特徴的なのが、

右側にある南国の木と黄色の屋根

黄色の外壁の平屋です。

 

そして、グーグルマップ発見しました!

それがこちら↓

 

そして、黄色い家がこちら↓

 

間違いありませんね。

 

 

また、2015年4月に撮影した野崎幸助

さんの自宅の画像がこちら↓

 

あれ??この↓奇抜な壁はどこ??

 

と思われるかもしれませんが、

撮影された2015年4月以降にリフォーム

したものと思われます。

 

和歌山のドンファンと呼ばれるくらい

の女性好きだった野崎幸助さんなので、

若い子にウケる外装にしたのでしょうか??

 

証拠ではありませんが、リフォーム

前に表札がありましたので、

これで野崎幸助さんの自宅だということがわかります。

 

それがこちら↓

 

自宅の地図がこちら↓

 

自宅と会社までの距離が直線距離で

100m程度

 

めちゃくちゃ近いですね!

 

最後にドンファンこと野崎幸助さんの

著書がこちら↓

 

 

これから事件の真実は警察の手によって

解決するのでしょうか??

 

これからの報道を待ちましょう!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mizkeita

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!