大谷拓海(中央学園)のプロフィールや経歴は?二刀流の実力は?

大谷拓海

こんにちは!

ライターのみんたんです!

 

今回は茨城県の中央学園高等学校、投手の

「大谷拓海」選手のプロフィールや経歴

を調べてみました!

 

また、2017年秋からは二刀流の実力も!

そんな大谷拓海選手はどんな選手なのでしょうか??

スポンサーリンク

大谷拓海(中央学園)のプロフィールや経歴は?二刀流の実力は?

大谷拓海のプロフィール&経歴

大谷拓海プロフィール

大谷拓海

出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%8B%93%E6%B5%B7/

  • 名前:大谷拓海(おおたに たくみ)
  • 生年月日:2000年7月13日
  • 年齢:17歳(2018年3月現在)
  • 出身地:千葉県印西市
  • 出身中学校:千葉県印西市立滝野中学校
  • 身長:180cm
  • 体重:78kg
  • ポジション:投手(ピッチャー)
  • 投打:右投げ左打ち

 

大谷拓海の経歴

滝野小2年時から軟式野球を始め、

滝野中学校時代は船橋シニアに所属していました。

 

そして中央学院高等学校に入学後は1年時から

3番・右翼手としてレギュラーで活躍しています。

 

また、大谷拓海選手は145キロの直球を持つ

スリークォーター右腕投手で、打撃では高校で通算25発、

振り切るスイングで強い打球を弾き返す左打者でもあります。

 

大谷拓海選手の投球姿がこちら↓

 

 

大谷拓海選手のホームラン動画がこちら↓

 

大谷拓海選手のインタビューがこちら↓

 

そんな大谷拓海選手の高校入部当初は

意外にも外野で起用されていたそうです。(遠投105m、50m走6秒1)

スポンサーリンク

 

二刀流の実力は?

中央学院の二刀流・大谷拓海投手が明徳義塾戦で

「4番・投手」で先発し、完投負けを喫したが、

逆方向の左越えへ高校通算23号となる2ランを放ちました。

 

この試合を視察した巨人・福王スカウトからは

「逆方向にあれだけ飛ばせるのは大したもの。素材がいいのは間違いない」と評価。

 

また、明徳義塾・馬淵監督

「投手より野手でしょうね。あれだけ飛ばすんだから」と評価。

 

そして、中日・佐藤スカウトからは

「体に力がある。ひと冬越えて、どうなるか」

と最速145キロ右腕の成長に期待しました。

 

期待の動画がこちら↓

 

 

今年の春夏で大谷拓海選手の二刀流が

完成し、プロの目にとまると良いですね!

 

まだまだ発展途上の大谷拓海選手に期待です!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

みんたん

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!