渡邊啓太のブレードを掴んだ北朝鮮の選手は誰?

渡邊啓太

こんにちは!

ライターのみんたんです!

 

ピョンチャンオリンピックで2月20日

に行われた、スケートの男子ショート

トラック予選で渡邊啓太選手が競技中に

北朝鮮の選手からブレードを掴まれた

反則行為がありました。

 

そんな北朝鮮の選手はどんな人間なのでしょうか。

スポンサーリンク

渡邊啓太のブレードを掴んだ北朝鮮の選手は誰?画像や動画有

渡邊啓太プロフィール

渡邊啓太

出典:https://twitter.com/search?f=images&vertical=default&q=%E6%B8%A1%E9%82%8A%E5%95%93%E5%A4%AA&src=typd

 

  • 名前:渡邊啓太(わたなべけいた)
  • 生年月日:1992年3月25日
  • 年齢:25歳(2018年2月現在)
  • 出身地: 埼玉県
  • 身長/体重: 172cm/65kg

 

北朝鮮の選手が転倒後に

男子ショートトラック予選で滑走途中に

北朝鮮のチョン・グァンボム選手が転倒し、

渡邊啓太選手のブレードを掴み滑走妨害をしました。

 

その後、北朝鮮のチョン・グァンボム選手

反則行為とされました。

 

どんな行為だったの??動画で確認

転倒後、渡邊啓太選手のブレードを

掴んでいます。

 

動画がこちら↓

 

あきらかに掴みにいってますね!

恐るべし北朝鮮…

 

ここまでするということは北朝鮮に

手ぶらで帰国すると何かあるということ

なのでしょうか…

 

怖いです…

 

また、ネットではこの行為に対して

炎上しています。

 

それがこちら↓

スポンサーリンク

 

北朝鮮の選手のプロフィールは??

この北朝鮮の チョン・グァンボム選手

を調べてみました!

 

出典:http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/results/participant_3122159.html

  • 名前:チョン・グァンボム
    Kwang Bom JONG
  • 生年月日:2001年7月29日
  • 年齢:17歳(2018年2月現在)
  • 身長:176cm
  • 出身地:北朝鮮

 

試合前に取材陣から質問も無視

北朝鮮のショートトラック代表チームの

チョン・グァンボム(17)がロシア出身

のオリンピック選手らと一緒に練習をおこないました。

 

取材内容がこれ↓

 チョン・グァンボムは5日、江原・江陵アイスアリーナで開かれた2018平昌冬季オリンピック公式練習に参加した。チョン・グァンボムはこの日、ロシアの選手たちと一緒に練習をおこなった。

チョン・グァンボムは共同取材区域を過ぎ、速やかに競技場の外へ出て行った。取材陣からの質問には沈黙だった。

アイスアリーナの関係者がチョン・グァンボムに「インタビューをしてほしい」と何度も話たが、反応しなかった。すると取材陣のうちの1人が「長く待ったので、少し話してください」と大きく叫んだりもした。チョン・グァンボムはしばらくためらっていたが、結局、口を開くことなく競技場を後にした。

出典:ワウコリア

 

北朝鮮選手は美女軍団と一緒で

何も喋ることができないのでしょう。

 

しかし、何も喋らなくて反則行為は

不気味です。

 

渡邊啓太選手はなんとかこの予選を通過

しました!

 

このまま優勝してほしいですね!!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

mizkeita

ブログ管理人の みんたん です! 某大阪の大学を卒業し、現在金沢市に住んでいます。 趣味は音楽活動(ベース)、旅、コピーライター、心理学です。 超多重情報化時代で、明快な情報を発信していきます! インターネットで世界を創造していきましょう!